知ってますか?近年注目されているマーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは一体

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)とは、見込み顧客の獲得から営業パーソンへの引き渡しといった従来は人手で行っていた定型的な業務を、ソフトフェア・ツールを用いて自動化・最適化する施策です。このマーケティングオートメーションという概念はもともとアメリカで生まれたものです。国土の広いアメリカでは国内においても時差が発生します。このような環境から、非対面での営業の実現に対する関心が高まってきたのです。また日本においては、東京や大阪など面積が狭く人口密度が高い都市部に企業が集中しているため、訪問営業が中心に行われてきました。しかし、経済状況や購買プロセスの変化によって新規顧客獲得に苦慮する企業が増えてきた結果、マーケティングオートメーションが日本でも注目され始めました。

マーケティングオートメーションで享受できるメリット

マーケティングオートメーションでは、日常的に行うメルマガ配信といった作業を自動化できるため、配信日時の誤りなどの人的なミスを減らすことができます。また、見込顧客のメール配信に対する反応やwebサイトの訪問履歴など、様々な行動を自動でトラッキングすることが可能なので、その人に合った情報の提供を実現できます。さらに、複雑化するデータ管理の自動化も機能の一つです。業種や役職、関心の有無などを顧客別に管理し、優先順位を付けた顧客リストのデータベースも作成してくれます。このような機能を有効に活用することで人件費を削減したり商談数を増やしたりして、売上アップとコストカットの同時達成を期待することができます。

マーケティングオートメーションとは、マーケティング活動をテクノロジーによって自動化する仕組みのこと。従来は人の手で行っていた作業を自動化することで、業務の効率化が図れます。