新しく採用した人材に研修を実施するメリット

新入社員や中途社員には教えるべきことがある

新入社員は長期的に育成し、会社の主力になってもらうために採用する貴重な人材です。新卒や20代など若い年齢が多いことから、社会人としての常識やマナーを身に付けてもらう必要があります。また、業務上必要となる基礎知識についても育てるうえでは身に付けさせなければならないため、計画的に進める必要があります。さらに、中途社員は即戦力で採用するケースが多いため、新入社員に比べると教えるべきことは少ないでしょう。しかし、経験や知識があったとしても、会社によって独特な業務のやり方や考え方が存在するため、教えなければならないことはあります。このように、新入社員と中途社員については知ってもらいたいことがあるため、研修を実施すべきです。

研修を実施すれば業務に役立つ

新入社員と中途社員に研修を実施するメリットは、まず業務に役立つ知識を習得させられることです。特に、新入社員はまだ真っ白な状態なので、研修でじっくりと育てることが大事です。最初が肝心なので、新入社員には丁寧な研修を実施することをおすすめします。また、すぐに活躍してもらえる戦力として採用した中途社員については、基礎ではなく業務上でのポイントについて説明する研修を実施すれば、早く馴染んで力を発揮してもらえるでしょう。研修は従業員同士が交流を深められこともメリットの1つです。研修で普段は関わらない部署や支店の従業員と一緒に参加すれば、コミュニケーションを取ることができるので、社内での知り合いを増やせる効果があります。

社員研修では、会社の歴史などの他に、社会性の基礎を学びます。また、会社の同期と仲良くなる場でもあります。

公式ブログ