ウェブ製作を外注するなら気をつけたいこと!ポイントまとめ

ウェブ製作をしたい!自社で出来なけば外注もできる

自社のウェブコンテンツを拡張したい、機能をよくしたい、あるいは新しく自社のサイトをつくりたい!と思ってもなかなかIT部門の人間が会社内にいないと難しいところはありますよね。またサポートを受けられる安心感がほしいといったときに頼りになるのが外注です。
しかし、外注の会社はたくさんありますが、頼むときに注意しておくポイントがありますのでこの記事でご紹介したいと思います。

自分の会社のイメージを伝えておく。

まずは、外注するときに一番大切とも言えることがあります。それは自分の会社について、しっかりとイメージを外注先の会社に伝えることです。制作する会社側としてはその会社にあった会社のイメージに合わせてホームページを作りたいのですが、そのあたりがボンヤリしていると完成後のイメージに違和感を覚えることになってしまいます。
自分の会社が「どうして会社のホームページを作るのか」「どの部分が売りなのか」「ほしい機能は何なのか」など目的やほしい機能をまとめて、外注する会社の担当者と確認することです。そうすることで「なんだか自分の思っていた会社のイメージと違う」といったことを防ぐことが出来ます。自分の会社は、どのようなところが譲れないポイントなのかしっかり伝えましょう。

運用のことも含めて費用を考えておく

完成後だけでなく、実際には完成させたあとの情報の更新やサポートなど、実際の運用時のことも費用に含めて考えておく必要があるでしょう。
以上がウェブ製作を外注する上で大切なポイントのまとめでした。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コーディングは単純作業で行える仕事なので、外注するのが効率的です。外注した分の工数をクリエイティブな時間に回しましょう。

コーディングの外注とは
htmlコーディングの詳細