ポスターの効果はデザイン次第でで決まる?!

目的は人を惹きつけること

通常のポスターの大きさは、四つ切りの大判サイズが定番です。学校や企業の廊下などに貼るとちょうどいい大きさです。インパクトのあるポスターは歩いている人の足を止めるほど強烈なものがあります。ポスターは写真だったりイラストだったりしますが、何らかのデザインが施されているのがポスターの特徴でしょう。美術的に見ても素晴らしい作品と呼べるポスターも多くあり、ポスターを収集しているコレクターの方もいるくらいです。人を惹きつける目的として使われるポスターを見れば、デザインの勉強にもなります。

テーマを選んで作ろう

ポスターを描くには、まずテーマが必要です。自然環境、交通安全、虫歯予防などなど挙げたらキリがないほどです。交通安全をテーマにポスターを作るなら、交通ルールを守ることの大切さを訴えるデザインにします。「絶対ダメですよ」なんていう直接的な語りかけよりも、絵や写真を上手に使って見る人の気持ちを動かす構成にした方が効果があります。交通事故で潰れた自動車の写真を見ると 人の気持ちは大きく揺らぎます。ポスターは訴えかけるように作るのです。

文字のデザインも考えよう

ポスターはイラストや写真だけではなく、文字にもデザインが施されています。デザインに使う書体はいろいろですが、テーマに合わせて選ぶとさらに効果的です。明朝体を使えば引き締まる感じになるし、ゴシック体よりもポップ体の方が砕けた感じが出せます。強調したい部分だけ大きくしたり、色を変えたりすることもできます。ポスターの効果はデザイン次第で決まると言ってもいいでしょう。

格安コピー印刷とは、コンビニよりも安くコピーができる店舗サービスです。例えば10円かかるコピーが5円でできます。