見る人に印象を残す様なホームページのデザインを作ろう!

まずはデザインの基礎を学ぼう!

多くの人の目に留まるようなホームページを作りたいけど、デザインの事は複雑そうでよく分からない、と悩んでいる担当の方もいるのではないでしょうか。デザインには4つの原則があり、その4つを頭に入れておけばデザインの事が理解しやすくなります。1つは、近接という原則です。情報はグループ分けして組織化し、見ている人の視線の流れを散漫にさせないようにするという原則になります。2つ目は整列です。これは先ほどまとめた情報の文字列などを右揃え・左揃えなどにして一体感を出すことで、情報の組織化をより強固にするという目的があります。3つ目は反復という概念です。同じフォントを繰り返す・文字の間隔を全て一定にするなどして、一体感を出しつつ見やすさを求めようという目的です。最後はコントラストです。例えば、見出しと本文のテキストサイズを変えたりして違いを明確にするという手法などがこの原則です。

この基本を押さえて、様々なことを知っていこう!

その他にも配色やレイアウト等、デザインは知れば知るほど奥が深く面白いものです。デザインは単に相手に分かりやすく多くの情報を伝えるという事だけでなく、こちらが何を知って欲しいかなどの意思を相手に伝えるという側面もあります。どのような考えでこのレイアウトにしたのか、何を知って欲しくてこのコンテンツを配置したのかなどを考えながらデザイン案を出していくと、自然にその中から良いものが出てくる確率が高くなっていきます。まずはとにかく色々なアイデアを出していき、その中から光るものを探して具現化していくと良いでしょう。

レスポンシブWebデザインとは、デバイスごとに異なる画面サイズに合わせて、表示を変更するデザインのことで、どのような画面であっても使いやすくて見やすいサイトになります。