ホームページのデザインはCMS任せでOK

CMSの有無は大きい

1990年代後半から2000年代前半頃までは、個人がホームページを作る場合、完全手書きのファイルをFTPソフトを使ってアップロードするのが一般的でした。しかしその形だと優れたデザインのホームページを作る事など到底不可能で、個人でHPを作る人達の大半はデザイン性の高いものを作る事を諦めていたところがあります。しかし、2000年代に個人でも簡単にプロがデザインしたようなホームページが作れるCMS(コンテンツマネージメントシステム)が普及して、個人の作成者達は歓喜しました。特にサーバーインストール型CMSの操作難易度はブログ並みに簡単で、CMSが普及してからはネット上に存在するHP全体のデザインレベルが上がったようなところがあります。

スマートフォン対応もしてくれる

サーチエンジン世界シェアトップの某企業は、モバイル端末からのアクセスに対して専用レイアウトを用意しているページを順位で優遇する方針を発表しています。逆に言うとモバイル端末からのアクセスに対して、PC向けレイアウトしか用意していないと、ページの内容がどんなに素晴らしくても順位が下がっていく可能性があります。しかし、今では大半のCMSは操作画面で1つのページを作るとユーザがアクセスする端末(PC/スマホ/タブレット)に応じて最適レイアウトで表示してくれます。そのため、各端末に応じたレイアウト表示に対応しているCMSと契約すれば、PC向けページのほかに別途スマートフォン向けページを作るような必要はありません。

レスポンシブデザインとは、パソコンやタブレット、スマホなどでウェブ画面を表示した場合、異なるサイズの画面を見やすいように適したサイズに調整して表示することです。